mayaのつぶやき

思いつくままに気まぐれに書いてます🍀

今更ながら起立性調節障害とは?

Bingくんに色々質問してみました!
 
 
起立性調節障害とは、起立時にめまいや動悸、失神などの症状が起こる自律神経の機能障害です。思春期前後の小児に多く見られる病気で、原因はまだ完全には解明されていません。診断は、身体症状や新起立試験などの検査によって行われます。治療は、運動療法や生活指導、薬物療法などがあります。
 
遺伝するの?
 
起立性調節障害は遺伝する可能性があると言われています。親から子供に起立性調節障害の体質が受け継がれることがあり、親も起立性調節障害であった子供の割合は約50%という報告があります¹。しかし、必ずしも遺伝が原因ではなく、他にも様々な要因が関係していると考えられます。
 
 
鍼治療ってどうなの?
 
鍼治療とは、鍼という細い金属の針を身体の特定の点に刺入したり接触したりすることで、病気や症状を改善する治療法です。鍼治療は中国医学東洋医学の一分野として、中国・日本・韓国などで発展してきました。鍼治療には、以下のような効果が期待できます。
 
- コリや痛みが改善する
- 自律神経に働きかけてリラックスできる
- 内臓の働きを調節する
- 全身の血行を促進する
 
 
起立性調節障害は、自律神経の機能障害で、起立時にめまいや動悸、失神などの症状が起こる病気です。鍼治療は、鍼という細い金属の針を身体の特定の点に刺入したり接触したりすることで、自律神経の調整や血流の改善を促す治療法です。鍼治療は、起立性調節障害の原因や症状に合わせて施術することで、効果が期待できます。
 
鍼治療の効果については、科学的な根拠(エビデンス)が十分にあるとは言えませんが、一部の文献や臨床例では、鍼治療によって起立性調節障害の患者の体調や生活リズムが改善されたという報告があります。例えば、以下のサイトでは、起立性調節障害と診断された高校生が、週1回の鍼灸治療を受けた結果、朝起きられるようになり、めまいや動悸も減少し、登校できるようになったという症例が紹介されています。
 
 
もちろん、鍼治療は万能ではありませんし、個人差もあります。鍼治療を受ける場合は、信頼できる鍼灸師に相談し、自分の体質や症状に合った施術を選ぶことが大切です。また、鍼治療だけでなく、食事や運動などの生活習慣の改善も必要です。
 
 
運動療法について教えて下さい。
 
 
起立性調節障害での運動療法とは、適度な運動を行うことで、自律神経の調整や血流の改善を促す治療法です。運動療法には、以下のような効果が期待できます。
 
-筋肉の発達:下半身の筋肉を強化することで、起立時や起床時のめまいや立ちくらみなどの症状を軽減できます。
-心肺機能の発達:心拍数や呼吸数を増やすことで、心肺機能を鍛えるとともに、自律神経を鍛えることができます。
- 成長ホルモン分泌の促進:成長ホルモンは、運動と睡眠により分泌が刺激されるため、思春期の子どもにとって重要です。
-ストレス発散:体を動かすことは、ストレスを軽減し、リラックス効果があります。
 
運動療法におすすめの運動は、散歩や水泳、水中歩行、サイクリングなどです。これらの運動は、下半身の筋肉や心肺機能を鍛えるとともに、体への負担が少なく、転倒のリスクも低いです。また、風景を見ながら楽しむことができます。
 
運動療法を行う際には、以下の点に注意してください。
 
- 暑い場所や炎天下での運動は避ける
- 激しい運動や長時間の運動は避ける
- こまめに水分補給や塩分補給をする
- 気分が悪くなったらすぐに休む
 
 とありました。
 
 
ホントに調子が悪いときは運動できないけど、ホントは少し運動した方が良さそうですね。私も知りませんでした。
 
 
今日は娘の起立性調節障害とは?について深掘り検索。
 
もっともっと、調べていきたいのですが、今日はここまでにします(^^)

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村