mayaのつぶやき

思いつくままに気まぐれに書いてます🍀

怒りは6秒待て!ですね

ベトナム土産のチョコ(コーヒー豆が細かく入っていて、それがパンチになって美味しかった😋)

 


 
「アンガーマネジメントの講座を聞いて」
 
行動のコントロールの話でした。
 
アンガーとは怒る必要があることは上手に怒れ!      
 
マネジメントとは後悔するな。怒ることではない。

 

線引きが必要である。怒るとは身を守るための感情。そして感情は自然なもの。
では許せないときは?いつ?どこで?どんな行動をする?を振り返る。
 
 
怒ったときは6秒はやり過ごしましょう。
 
怒りを三段階に分ける。
 
①ゆるせる
②まあゆるせなくない → 広げる
③ゆるせない     → 行動を起こす
 
①②③のサイズはブレない→グラグラするのは自分に余裕がないとき、期限が悪いとき→安定させる。怒りの頻度が高いというのは②がない
 
例えば、自分のご機嫌メニューを作る(例えば、ストレッチをする、アロマをたく、手を洗うなど)のがオススメ。
 
ここからはチームに分け、先生が例題を出し、ディスカッションしました。

 

問)17時からの飲み会開催。あなたなら何時に来たら許せる、許せない?3つに分類
 
1はジャストに来る
2は10分遅刻
3は10分以上の遅刻
 
予定時間のの10分までに来ないと許せないなら
→(行動をする)17:10までに来てほしいと伝えるとかせめて、最低でも、少なくともなど伝えておくと良い。

 

というまとめのお話でした。

行動をすることが重要と。
 
さて今日の本題の行動のコントロール
 
①自分の力では変えられない怒り
(例えば電車遅延、渋滞、天気など)
 
②忘れた、知らない、微妙と子供に言われたとき
 
***************************************************
変えられるか変えられないはコントロール可能?コントロール不可能?か。

又ゴール設定が大切である。
****************************************************
 
重要 いつまでに・どの程度 
 
終わっているのか?
 
****************************************************
 
重要でない 余力がある時のみ   
  
* 放っておく、関わらない       
・いつまでに        
*(見守る)
・どの程度変われば良いか 
* かえられない
 
********************************************************************
 
コミュニケーションはかえられないこともある。ダメと思うことは一回は受け入れる。現実的なできることを探す。または聞き方を変える。
 
 
みんなが長期的に健康的にあるために幸せにあるためによりよい関係づくりが大切です。親という字は木の上に立って見ると書きますよ。(←先生最後のセリフ)
 
 
と言う内容でした。

 
広い視野で物事をみるってことなんですよね。怒るボルテージが低い人は狭い視野でしか物事が見られない。怒ってばかりの私。これでも我慢も多いんですよね。適度に伝えて、先生の言う発言前に6秒待つが良いんだろうなとも思いました。

 

去年の秋に聞いた話ですが、今頃まとめてみました。

 

最近、早く寝なよと娘に怒りやすい私へのカツですね🫡